タイミングが重要!婚約指輪購入の時期について

いつ渡す?現代婚約指輪事情

婚約指輪を渡そうと思っても、実際いつ購入したらいいのか迷うことは多いです。
まず、婚約指輪といってもさまざまな種類があります。「既製品」、「セミオーダー」、「フルオーダー」です。
「既製品」は店頭で売っている指輪そのものをデザインなどの変更なしのまま購入することですが、ここで少し注意が必要です。思い立ったら吉日、とばかりに当日購入し、渡すことができるかというと、そうではありません。まず彼女の指のサイズの在庫があるか。そしてイニシャルなどの刻印のサービスの有無は必要か。これだけでも大体、納品は1~2週間は見た方がよいでしょう。
次に「セミオーダー」です。こちらは先ほどとは違い、好きなデザインリングを選び、宝石も自分で選ぶことができます。これだけでもいろいろ迷いそうですが、実際にデザインを決定してから納品までは1か月を見たほうが良いでしょう。

「早ければ早いほど」がベスト?な婚約指輪

最後に「フルオーダー」です。こちらが現代の婚約指輪の最もポピュラーな形式です。
「フルオーダー」の場合、デザイナーにデザインをゼロから依頼します。そして一緒に納得のいく形、宝石を選び、オーダーをします。ですが、素材の種類、材質、宝石の特徴などによって製作期間が長くなったりする場合もあります。ここは納品までの時間は2~3か月を見ておいたほうが良いでしょう。そして、材質によってはそれ以上の場合もあることを覚えておいてください。
このように婚約指輪を渡すだけでも、前準備は必要です。できれば「婚約指輪のお披露目予定日から3か月前」を見ておけば慌てることなく渡すことができます。ちなみにカップルの傾向としては「結婚式の10~8か月前までには用意している」が多数を占めています。

結婚指輪を千葉で販売している専門店の場合、品揃えが豊富な点だけでなく、専門知識を持ったスタッフが在籍している点も魅力で、様々なアドバイスを受けながらスムーズに指輪選びができます。

© Copyright Adorable Jewel. All Rights Reserved.